TOP
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 高知 ~その2 桂浜、高知城~ 

2007年05月06日 ()
高知お忍び 2日目>

今日の予定は、桂浜高知城を回ることに。

まず、桂浜行きのバスをはりまや橋で待っていると、
路面電車がガタゴトと通って行った。
なかなか風情がありますなぁ。

20070506183434.jpg


バスで約30分、長曾我部元親さまの墓所と
岡豊城址を過ぎて行く。
後ろ髪をひかれる思いだったが、
車の無い観光のため断念。

バスを降り、桂浜へ。
観光誌に必ず載っている「アイスクリン」の売店の
脇を通り海辺へ。

20070506183442.jpg


ちょっと波の音が他の海と違うように聞こえたのは
私だけだろうか?
「ズシーン、スドーン」って感じ。

さすが南国土佐の海。

ここはまた、月の名所とも言われている。
おみやげやさんで見た絵はがきにも、
その美しさが描かれていた。

そしてもう一つの目玉、坂本龍馬像。
写真やTVで見るより迫力ありますなぁ。
男子なら誰でも「尊敬する偉人」として挙げたのは昔のこと?

20070506183451.jpg


龍馬の人生について語り出すと、きりがないのでやめておくが、
以外にも高知出身の人達には不人気?だった。
「だって、龍馬は高知の人のために何かやってくれた?」
うーん、これについても行数をさけないので別の書籍で書こう。

桂浜を後にして一旦、高知へ戻る。

次は高知城
初代土佐藩主の山内一豊が築いた城で、
現存する古天守として国の重要文化財だ。

城については別のブログで紹介予定のため省略。
(省略が多くてごめんなさい)
20070506183500.jpg


はりまや橋から高知城へは、
日曜市を物色しながら十数分。

興味深かったのは、どくだみ茶や薬草茶の種類のお茶が
多く売られていた。

今思うと確か「ウコン茶」もあったと思う。
ちょっと前に大ブレイクしたウコン飲料があったが、
(我が妻も愛用しているが...)
さすが酒豪の国、土佐だなぁ。

そして、今日の旅籠は小京都中村。
JRくろしお鉄道の特急で高知から中村まで1時間45分。

明日の目的は四万十川見物。

しかし、我々が体験した中村の夜についてはこの次で紹介する。
スポンサーサイト
[2007.05.06(Sun) 18:45] 高知Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

承認待ちコメント by -

承認待ちコメント by -

コメントを閉じる▲

リストマーク 高知 ~その1 はりまや橋周辺~ 

2007年05月06日 ()
高知お忍び 初日>

長曾我部元親の歴史小説を読んで
無性に高知へ行きたくなった。

羽田から空路で約1時間強の旅程。
しかし、幸先の悪いことに、フライト時間を
間違えてしまい、別の航空会社で
遅い時間の出発となってしまった。

(国際便ばかり乗っていたので、
搭乗時間とフライト時間を間違えてしまった...
と言えば聞こえはいいか?)

とにかく高知に着いた。
高知空港(現在は高知龍馬空港)からバスで
約45分で、はりまや橋近辺に到着。

もうすでに夕食の時間なので、高知の夜の街に出かけることに。

高知と言えば、皿鉢(さわち)料理。
しかしこれは大勢で食べる目的のため断念。
カツオ料理の一品もので攻めまくった。

さすが土佐カツオの新鮮さ、切り身の大胆な大きさと厚み、
満喫出来ました!

店を出たあと、ぶらぶらと夜の街を物見に出た。
なんとなく、男性の無骨さ。元気の良さ。明るさが、
街全体にみなぎっていて好印象。
これも文化の一つなのだろう。


         夜のはりまや橋

もっと夜の街を楽しみたかったが、
次の日へ体力を温存するため、旅籠へ戻ったのである。

(初日終わり)

[2007.05.06(Sun) 16:28] 高知Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

プロフィール

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

リンク

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。